銀歯にならないために定期的に歯の検診を受けよう

現在、歯科医院に虫歯で通院中です。歯がいきなり痛み出してきたので歯医者に早急に行きました。歯医者は「痛む歯は何処ですか」と聞いてきたので下の歯が痛むと答えました。すると歯医者は下のどの歯が痛むのかを確認する為、棒のような物で歯を軽くたたきます。下の歯の2番目がたたかれるとズキーンと痛みが走ったので、痛む歯が分りました。痛む歯は、虫歯になっているので虫歯の治療が始まります。

虫歯はかなり進行しているので、歯の神経を抜かなければ痛みが取れないと言ってきたので、神経を抜く事に同意します。神経を抜く前に、まず麻酔をして歯を削りはじめます。そして歯を削る音がします。とにかく歯を削っている時は開けている口が徐々に閉じて行きます。歯を削っている時に口を刺激しているので口が閉じていくのだと思います。

ようやく歯を削るのが終わって、神経を抜きはじめます。神経を抜いて、今日の治療は終わります状態になり、次の治療の予約をしました。歯の状態は虫歯の痛みがとれたのですが、歯の治療はかなりかかるように感じています。

今の歯の状態は、殆どが銀歯ですが、前歯は銀歯はないので、笑っても問題なしです。もし、前歯も銀歯だったらかなり目立つと思います。

マメに歯磨き、歯間ハブラシも使っているのに、虫歯になるのは歯磨きの仕方が悪いからだと、思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です