電動歯ブラシは素晴らしい

虫歯では何度も痛い思いをしているので、虫歯予防の為歯磨きは欠かせません。歯ブラシは、山切りカットや極細毛や歯科専用など色々試してみましたが、どれが一番良いのかは正直今でもわかりません。私の場合歯並びが悪い所が有り、歯磨きではいつもその場所を念入りに磨きます。歯磨き後は磨き残しが無いか、鏡を使ってチェックするのですが、何だか歯茎が後退し歯が伸びたように見える様になりました。元々筆圧も強く手に力が入りやすいたちで、優しく弱い力で磨くのが基本の歯磨きなのに、力が入りすぎて歯茎が後退してしまったのかと青ざめました。これはいかんと、前から気になっていた電動ブラシ、値段が高くて躊躇していましたが思い切った買いました。最初はブラシの振動が気になりましたが、1週間もすれば慣れます。磨いた後は下で触っても、歯はツルツル。毎分31,000の超高速振動の効果を実感できます。今まで磨きにくかった奥歯の奥や、歯の内側もきれいに磨けるようになり、電動歯ブラシの素晴らしさを実感しています。歯垢除去効果もあり、歯周病予防にも役立つとか。歯科検診で綺麗に磨けているとお墨付きも貰い、電動歯ブラシが手放せなくなりました。

歯と歯の間について

私は物を食べた時にいつも奥歯、とくに上の奥歯両方に食べ物が詰まります。詰まる場所は歯と歯の間です。そしてその詰まった物は爪楊枝では取る事が出来ません。歯の内側同士の所なので爪楊枝が届かないからです。でもそのまま放置しておけば「カス」となって残り「口臭」に影響が出てきます。ではそれをどうやって取り除くかということになりますが、二つの方法がありました。まず一つは「歯間ブラシ」です。テレビのCMでも流れていた市販のブラシを買ってきて試しました。でも感想は「痛い」の一言です。歯と歯の隙間が小さかったのかも知れませんがブラシが歯肉に当たってうまく間に差し込みできす、結果「血」が出るという結末です。これは自分には合っていないと悟りました。次に買ったのが「糸楊枝」です。これはブラシのように横からではなく歯と歯の間(上面)よりギリギリと差し入れていきます。これで詰まっているものが取れました。痛みもありません。またこの糸楊枝は100円均一にも販売していて経済的にもお得です。今は食事のあとに必ずするようになりました。口臭にも影響は出ていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です